ゴルフ ルール OB

OBOBの判定

打ったボールが白杭または白線の外側に出てしまった場合がOB。

白杭の場合は隣の白杭とを結ぶ仮の線を想定してOBのラインを決めます。OBの境界線は白杭の内側。

なお、ボールが線上にある場合はボールの一部が少しでも内側にあればOBではない。

下の例では、1と2がOBで3はセーフ。

OB

OBOBになってしまったら

1打罰で打ち直します。打ち直しの場所はOBを打った場所からグリーン上のカップに近づかない位置でボールをドロップ。
ティーショットがOBになった場合は1打罰で打ち直しします。ホールによってはローカルルールで前方の特設ティーから2打罰等でプレイ出来る場合あり。

 

OB

打ったボールがOBの可能性がある場合は、暫定球を打つことを宣言して打ち直ししておきます。暫定球はボールのNoが異なるものを使用して識別できるようにします。

絞込は下記検索をお使いください

ページトップへ